越後 修

越後 修エチゴ オサム

Osamu Echigo
経済学科
教授

取得学位 修士(経済学)(同志社大学)
担当科目 多国籍企業論
専門分野 国際経済学(多国籍企業論)
研究テーマ 企業の国際事業展開にかんする理論的研究
教育・研究への
取り組み
私自身の研究課題は、企業の国際事業展開の理論的研究です。新しい時代の新しい理論を構築することを目指していますが、その前段階となる「どのような理論が求められているのか」についても研究しています。後者は、既存の有力理論の学説史的研究です。
講義の「多国籍企業論」では、多国籍企業にかんする基礎的理論を理解するには、「どのような知識を、どのような順番で獲得・理解すべきか」を念頭に、講義を構成しています。「経済学とは」「国富論のエッセンスとは」から始める、きわめてチャレンジングな講義形態であると思います。
ゼミでは「知識の獲得」よりも「知識の利用(知恵)」を重んじています。具体的には、多く文献を通じて得た知識を活用して論文を作成し、日本学生経済ゼミナール大会で成果の報告、ならびにその内容を基にした討論を行っています。活動の様子は、インスタグラムで一部紹介されています。
おすすめの作品 ①Smith,A.(1776)An Inquiry into the Nature and Causes of the Wealth of Nations(水田洋・杉山忠平訳『国富論』岩波書店,2000)
②Hymer,S.H.(1976)The International Operations of National Firms:A Study of Direct Foreign Investment,The MIT Press(宮崎義一訳『多国籍企業論』岩波書店,1979)