水野谷 武志

水野谷 武志ミズノヤ タケシ

Takeshi MIZUNOYA
地域経済学科
教授

取得学位 博士(経済学)(法政大学)
担当科目 社会調査論
専門分野 経済統計
研究テーマ 労働時間と生活時間の統計的研究
教育・研究への
取り組み
1部ゼミでは、社会・経済問題に関わる研究テーマを設定し、夏休みに地域調査合宿を実施し、調査研究の成果をゼミ共同論文にまとめ、12月の日本学生経済ゼミナール大会に出場して他大学のゼミとお互いのゼミ論文について発表・討論します。ゼミⅠ・Ⅱ合同です。
2部ゼミでは、統計地図を作成するソフトウェア(ArcGIS)の基本的な操作方法を学び、自ら統計地図を作成して地域の課題にアプローチします。PC教室での実習形式ゼミです。
研究では、日本の長時間労働問題に関心を持っていて、その実態把握と解決策について統計を使って検討しています。
おすすめの作品 ①白谷秀一・朴相権(2009)『新版 実践はじめての社会調査:テーマ選びから報告まで』自治体研究社
②鎌田慧(1983)『自動車絶望工場:ある季節工の日記』講談社
③橋本雄一(2016)『四訂版 GISと地理空間情報 ArcGIS10.3とダウンロードデータの活用』古今書院
④森岡孝二(2013)『過労死は何を告発しているか:現代日本の企業と労働』岩波書店
個人Webサイト http://www.econ.hokkai-s-u.ac.jp/~mizunoya/