鈴木 雄大

鈴木 雄大スズキ タカヒロ

SUZUKI Takahiro
経済学科
講師

取得学位 博士(経済学)(立教大学)
担当科目 経済統計学
専門分野 経済統計
研究テーマ 物価指数論の理論的・実証的研究
教育・研究への
取り組み
私が研究の対象としてきたのは公的統計、特に「消費者物価指数」に代表される「物価(物価指数)」です。消費者物価指数はインフレ・デフレ、景気の判断材料だけでなく、年金額の調整指標として利用されるなど、私たちの生活に密接に関連しています。こうした指標が適切に利用されているのか、という点を研究してきました。
講義では、人口、消費、企業など、公的統計のいくつかの分野について、代表的な統計の概要、関連する経済統計指標(例えば、家計に関する統計とジニ係数等の格差の指標)について、北海道(札幌)と他の地域を比較しながら紹介しています。
ゼミでは主に、各グループでテーマを設定し、公的統計を利用しながら研究を進めます。ゼミ生同士で議論し、研究成果をゼミ論文にまとめます。3年次には学会での学生報告を予定しています。その他、ディベートや社会科見学などを盛り込む予定です。
おすすめの作品 ①門倉貴史(2006)『統計数字を疑う なぜ実感とズレるのか?』光文社新書
②長沼伸一郎(2016)『経済数学の直観的方法 確率・統計編』ブルーバックス
③ナイアル・キシテイニー他(2013)『経済学大図鑑』三省堂