大屋 定晴

大屋 定晴オオヤ サダハル

Sadaharu OYA
経済学科
教授

取得学位 修士(社会学)(一橋大学大学院)
担当科目 社会経済学
専門分野 社会経済学、グローバリゼーション研究
研究テーマ 現代資本主義、新自由主義化、オルタ・グローバリゼーション運動
教育・研究への
取り組み
社会経済学は、経済的視点を端緒としながら、政治や文化の論理をも含んだ現代社会を総体として理論的に把握しようとする一つの社会科学的営為です。とりわけ今日ではグローバルな資本主義経済体制のもとで、政治的、文化的次元での新自由主義化が進展しています。国内外の格差社会化や国家間の経済的、政治的対立もその一環にあると考えます。私のゼミでは、こうした現代社会――日本だけでなくグローバルな社会――の理解をめざします。
ゼミでは、共通テキストの輪読と個人研究報告を交互に行います。特に個人研究報告が行えるよう、学生の皆さん一人ひとりが社会に対する問題意識をもって臨まれることを期待します。
おすすめの作品 ①内田義彦(1966)『資本論の世界』岩波新書
②内田義彦(1971)『社会認識の歩み』岩波新書
③ウェイン・エルウッド(2003)『グローバリゼーションとは何か』こぶし書房
④デヴィッド・ハーヴェイ(2007)『新自由主義』作品社