川村 雅則

川村 雅則カワムラ マサノリ

Masanori KAWAMURA
経済学科
教授

取得学位 博士(教育学)(北海道大学)
担当科目 労働経済論
専門分野 労働経済
研究テーマ 北海道の雇用・労働の実証的研究
教育・研究への
取り組み
現代日本で起きている労働問題の調査・研究をしています。ここ数年は、非正規公務員など、自治体が作り出す(「官製」)ワーキングプア問題の調査・研究に力を入れています。
ゼミでは例年、北海学園生のアルバイト実態を調べ、その結果を『学生アルバイト白書』にまとめています。自分たちで調査を企画・実施し、結果を分析・執筆を行うという作業は、とても有意義ではないかと思います。3年生は研究テーマを設定し、論文を書き、インターゼミナール大会に参加します。
月に1冊以上本を読む、新聞を毎日読む、お互いに助け合うことがゼミのモットーです。
おすすめの作品 ①竹信三恵子(2017)『これを知らずに働けますか?――学生と考える、労働問題ソボクな疑問30』筑摩書房
②藤田孝典(2016)『貧困世代 社会の監獄に閉じ込められた若者たち』講談社
③森岡孝二(2015)『雇用身分社会』岩波書店
④横田増生(2017)『ユニクロ潜入一年』文藝春秋