宇土 至心

宇土 至心ウト マコト

Makoto UTO
経済学科
准教授

取得学位 博士(経済学)(九州大学)
担当科目 金融経済論
専門分野 金融論、財務論、証券論
研究テーマ 割引現在価値概念の展開、企業価値評価理論の理論的発展
教育・研究への
取り組み
金融とは金銭(お金)の融通のことであり、経済の中でも「カネ」の流れについて分析するのが金融論です。
講義(金融経済論Ⅰ・Ⅱ)では、身近なところから金融について学び、金融が経済において果たす役割について考えます。前半は金融機関や金融商品など、社会人としても是非知っていてほしい内容を学びます。後半は、金融政策や国際金融など、マクロ的な視点から金融論を学びます。
ゼミでは、知識の習得と応用に注力します。ゼミⅠ(2年次ゼミ)では、お金や金融について基本的なことを学びながら、考える力を身につけます。ゼミⅡ(3年次ゼミ)以降は、私たちを取り巻くお金の問題を考えたり、企業の分析をするなかで、習得した知識を使いながら自分なりの意見を主張できるようになることを目指します。
おすすめの作品 ①日本経済新聞社編(2016)『金融入門(第2版)』日経文庫
②藤田孝典(2015)『下流老人』朝日新書
③泉正人(2010)『お金の教養』だいわ文庫