2006年度地域研修報告書
地域研修報告会
1.浅妻 裕 ゼミ
「持続可能な都市と公共交通」
2.池田 均 ゼミ
「地域の社会・経済」
3.太田原 高昭 ゼミ
「北海道発の元気な企業を訪ねて」
4.奥田 仁 ゼミ
「地域産業の実態調査」
5.川村 雅則 ゼミ
「夕張地域住民との交流と、学生の成長」
6.北倉 公彦 ゼミ
「グリーンツーリズム・part3」
7.小田 清 ゼミ
「オーストラリア人観光客急増によるニセコ・ペンション街への影響調査」
8.高原 一隆 ゼミ
「地域経済の内発的発展と地域内経済循環」
9.竹田 正直 ゼミ
「合併後の新しい石狩市の社会経済と環境問題」
10.西村 宣彦 ゼミ
「サケ定置網漁の体験及びサケ加工場の見学」
11.古林 英一 ゼミ1
「さけ定置漁業の実習体験」
12.古林 英一 ゼミ2
「競走馬生産・流通施設の見学」
13.水野 邦彦 ゼミ
「韓国社会を知る実地研修」
14.水野谷 武志 ゼミ
「市町村合併」
15.山田 誠治 ゼミ1
「地域メディアとは何か」
16.山田 誠治 ゼミ2
「コンパクトシティの魅力を探る」
トップページ
2005
北海学園 経済学部
10.西村 宣彦 ゼミ
サケ定置網漁の体験及びサケ加工場の見学
 研修地:苫小牧市、石狩市
 参加学生:10名
 研修期間:06年9月21日、10月3日
 地域経済学科教授:西村 宣彦

今年は、古林ゼミと合同で実施した。テーマは「サケ定置網漁の体験実習」。サケは北海道漁業の中核品目の一つで、近年は「ブランド化」「アジア市場への輸出拡大」「廃棄部位等の機能性を生かした製品開発」といった動きが注目される。漁に参加できなかった学生は後日、佐藤水産(株)のサケ加工場を見学した。故郷の海に戻ってきたサケが、誰の手を、どのような作業工程を経て私たちの食卓に届くのか、肌身で感じ取ることができたのではないだろうか。


どんと来い、爆釣現象
地域経済学科2年生(帯広大谷高校出身)

ウイットに富んだ会話、紳士的な振る舞い、そしてヒゲ、この走、攻、守、三拍子そろった西村先生と共に私達は今回、苫小牧港にサケ定置網漁業の体験実習を行いました。簡単に説明すると、漁船に乗りサケを丸ごとまるっと捕獲することです。出港しポイントに到着すると漁師達は網をひきあげ、私達も網のひきあげの手伝いをさせてもらうことができました。そして、ここで1つの西村伝説が誕生しました。漁船に乗船したある学生がサケの威圧感や海の魔物にとりつかれて急変し、一時的におかしくなってしまったのです。私達はとまどい誰もが死を覚悟しましたが、次の瞬間1つの声が苫小牧の海にこだましました。「すべてのホラー現象は、ほらに過ぎない…Don't be afraid!」。声の主はなんと我らが西村先生だったのです。そして力強く「なぜベストを尽くさないんだ?」と言いました。西村先生の熱弁により状況は一変しました。もし、この生徒を放っておいたら、乗組員全員がおかしくなってしまい、漁船が沈没し海猿にお世話になっていたことでしょう。この出来事によりゼミ生徒はもちろんのこと、先生の熱弁によって乗組員全員の心は1つになりました。残念ながらサケはあまり網にはかかっていませんでしたが、私達の心は西村先生の網にしっかりかかってしまいました。その後、おいしいいくら丼やちゃんちゃん焼きをたらふく食べさせてもらい色んな意味で大変おいしい地域研修でした。最後に一言いいますが、人間にもなれず山犬にもなりきれん。お前にサケが救えるか?


網にかかった魚は逃すな!
地域経済学科2年生(士別高校出身)

私たち西村ゼミは、苫小牧の経済を影で支える漁業を肌で感じるべく、苫小牧市でサケの定置網漁業の体験実習を行いました。この実習は夜9時に札幌を出発して、朝7時に苫小牧から帰ってくるという地域研修史上、まれにみる強行日程でした。学生のほとんどは、この過酷な日程に涙したでしょう・・・。
当日は、北海道を台風が通過した後ということもあり、私たちは、大漁を期待し、万全な状態で望みました。乗船は3人一組で夜の海へと出港して行きました。漁が始まるとその光景は凄まじく、網に引っかかった魚をあざ笑うかのごとく、次から次へと、船へと投げ入れていきました。そこで何も出来ない私たちは、海の男としてはまだまだ未熟だと痛感させられました。漁師の背中は、小さいころ感じた親父の背中のようにとても大きく見えました。漁師はとても勇ましく勇敢な海の戦士でした。漁が終わると漁師さんたちの粋なはからいで、釣った鮭をその場で豪快に味噌で味つけし、ちゃんちゃん焼きとして食べることができました。この他にもホッキカレーや、イクラ丼など苫小牧の海の幸を舌で楽しむことができました。漁師は網にかかった魚は逃がしません。いつか私もこんな感じで嫁を捕まえたいものです。(笑)
今回の実習は、ふだん味わえないような貴重な体験ができ、さらには、苫小牧の海を満足いくほど楽しみました。とても楽しい研修でした。
BACK NEXT
Copyrights(c) 2004 Hokkai-Gakuen University Faculty of Economics All Rights Reserved.