2006年度地域研修報告書
地域研修報告会
1.浅妻 裕 ゼミ
「持続可能な都市と公共交通」
2.池田 均 ゼミ
「地域の社会・経済」
3.太田原 高昭 ゼミ
「北海道発の元気な企業を訪ねて」
4.奥田 仁 ゼミ
「地域産業の実態調査」
5.川村 雅則 ゼミ
「夕張地域住民との交流と、学生の成長」
6.北倉 公彦 ゼミ
「グリーンツーリズム・part3」
7.小田 清 ゼミ
「オーストラリア人観光客急増によるニセコ・ペンション街への影響調査」
8.高原 一隆 ゼミ
「地域経済の内発的発展と地域内経済循環」
9.竹田 正直 ゼミ
「合併後の新しい石狩市の社会経済と環境問題」
10.西村 宣彦 ゼミ
「サケ定置網漁の体験及びサケ加工場の見学」
11.古林 英一 ゼミ1
「さけ定置漁業の実習体験」
12.古林 英一 ゼミ2
「競走馬生産・流通施設の見学」
13.水野 邦彦 ゼミ
「韓国社会を知る実地研修」
14.水野谷 武志 ゼミ
「市町村合併」
15.山田 誠治 ゼミ1
「地域メディアとは何か」
16.山田 誠治 ゼミ2
「コンパクトシティの魅力を探る」
トップページ
2005
北海学園 経済学部
9.竹田 正直 ゼミ
合併後の新しい石狩市の社会経済と環境問題
 研修地:石狩市
 参加学生:12名
 研修期間:06年8月4日~8月5日
 地域経済学科教授:竹田 正直

今年の地域研修は、総勢14名で2006年8月4・5日、合併後の新しい石狩市の「番屋の湯」研修室に宿泊して行いましたが、ゼミの学生諸君から、私自身多くの感動と誇りを得ることができました。第1に、海水浴場のゴミ拾いヴォランティアでの積極性と子どもたちへの暖かいおもいやり、第2に、田岡石狩市長講演への事前学習に基づく学生の活発な質疑討論の力量、第3に、歴史、治水、リサイクル、環境保護への学生の高い意識の形成でした。


地域研修を終えて新たな発見が!
地域経済学科2年生(旭川凌雲高校出身)

1日目は宿泊先の「石狩温泉番屋の湯」に到着後、石狩浜海水浴場でごみ拾いボランティアを行い、田岡克介石狩市長の講演を聞きました。石狩市・厚田村・浜益村の合併後についてのお話で、新しい石狩市が発足して、今後全国的に「石狩市」を知ってもらうためには浜益村・厚田村の従来の地域の特性を活かすことと、新たに開発された石狩湾新港を、将来、国際貿易の拠点港として発展させていく事が重要だとおっしゃっていました。
2日目は、まず、「いしかり砂丘の風資料館」に行き、石狩市にある遺跡から発掘された化石や昔使われていた道具などの展示物を見学しました。また、パソコンや図鑑などで石狩の情報を調べることができ、石狩について新たな発見ができました。
その後、「川の博物館」に行って川の歴史や不思議、治水事業などに関する映像やパネルにより石狩川の歩み・川と産業や環境の関わりについて学ぶことができました。最後に(株)マテック石狩工場に行きました。ここでは自動車解体の工程・自動車部品の保管庫・解体された自動車の破砕処理などを見ることができました。自動車解体ラインがスピーディーに流れるために使う反転機や部品を保管する倉庫は、コンピューターシステムによりスピーディーに入出庫することができるなど、現代の情報・機械システムのすばらしさに驚かされました。今回の地域研修では、活発な質疑を行い意欲的に学習できたことやみんなと親睦を深めることができ、とても有意義な時間を過ごす事ができました。


自分を見つめ直す機会に
地域経済学科2年生(帯広三条高校出身)

私たち2年と3年のゼミ生は、8月4日、5日に地域研修で石狩市を訪れました。目的地の「石狩温泉番屋の湯」に到着し、荷物を置いて「石狩あそびーち」で海水浴ではなく、ゴミ拾いのボランティアを行いました。最初は、水着ではなく私服に身を纏い、ゴミ拾いをしている自分たちが場違いのように感じていたのに、気がつけば正しいこと(ゴミ拾い)に燃えている自分たちがいました。その後、宿で田岡石狩市長の講演;昨年の石狩市・厚田村・浜益村の合併後について、を聞きました。パワーポイントを用いて「厚田層」、「黄金山」などの厚田と浜益の魅力を色々と見せてくれました。来年はシンポジウムが開かれ、厚田・浜益の魅力の学問的・生科学的位置づけや、21世紀における地域発展の絶対要素などが話し合われるそうです。その後の夕食会と交流会は、竹田先生自作の面白いゲームなどで盛り上がり、とても楽しい時をすごすことができました。3年生のゼミ生とも、とても仲良くなり、このゼミの仲の良さが本当に実感できる時間でした。翌日は、「いしかり砂丘の風資料館」・「川の博物館」・リサイクルを行っている株式会社「MATEC」を訪問しました。普段、絶対行かない様な所で色々な事を学びました。
たった2日間という短い期間でしたが、まだまだ書ききれないほどのとても充実した時間を過ごすことができ、これからの自分を見つめ直すとても良い機会になりました。
BACK NEXT
Copyrights(c) 2004 Hokkai-Gakuen University Faculty of Economics All Rights Reserved.