2006年度地域研修報告書
地域研修報告会
1.浅妻 裕 ゼミ
「持続可能な都市と公共交通」
2.池田 均 ゼミ
「地域の社会・経済」
3.太田原 高昭 ゼミ
「北海道発の元気な企業を訪ねて」
4.奥田 仁 ゼミ
「地域産業の実態調査」
5.川村 雅則 ゼミ
「夕張地域住民との交流と、学生の成長」
6.北倉 公彦 ゼミ
「グリーンツーリズム・part3」
7.小田 清 ゼミ
「オーストラリア人観光客急増によるニセコ・ペンション街への影響調査」
8.高原 一隆 ゼミ
「地域経済の内発的発展と地域内経済循環」
9.竹田 正直 ゼミ
「合併後の新しい石狩市の社会経済と環境問題」
10.西村 宣彦 ゼミ
「サケ定置網漁の体験及びサケ加工場の見学」
11.古林 英一 ゼミ1
「さけ定置漁業の実習体験」
12.古林 英一 ゼミ2
「競走馬生産・流通施設の見学」
13.水野 邦彦 ゼミ
「韓国社会を知る実地研修」
14.水野谷 武志 ゼミ
「市町村合併」
15.山田 誠治 ゼミ1
「地域メディアとは何か」
16.山田 誠治 ゼミ2
「コンパクトシティの魅力を探る」
トップページ
2005
北海学園 経済学部
6.北倉 公彦 ゼミ
グリーンツーリズム・part3
 研修地:長沼町
 参加学生:31名
 研修期間:06年9月19日~20日
 地域経済学科教授:北倉 公彦

今年も様々なグリーンツーリズムの取組みを積極的に展開している長沼町で、1・2合同で地域研修を行った。今回は、農家宿泊による農業体験をする修学旅行生が大幅に増加し、特区指定による「どぶろく」づくりなど、昨年より活発化していること、それが町全体に活気を与えていることを確認することができた。また、麻田信二前副知事が長沼に移り住み、ブルーベリーなどの小果樹栽培をするという、新たな生き方の実践を学ぶことができた。


多彩な長沼の取組み
地域経済学科2年生(静内高校出身)

長沼が今、力を入れているグリーンツーリズムに関連する様々な取組みは、長沼町全体を元気にしています。それとともに、長沼町民以外の人々に農業に関心をもってもらうなど大きな効果をあげていると思います。
例えば、「地産地消」や「スローフード運動」は、食の安全・安心への関心を高めることができます。また、消費者は生産者に自分の意見を伝え、生産者はそれに応えて消費者に喜んでもらえる農産物を作ることによって、消費者と生産者の信頼関係をつくることができます。
道外から修学旅行生を受け入れ、農家に民宿して農業体験をしてもらうことは、農業に無縁な都会の子供達に農業に関心をもたせることになり、長期的には後継者問題の解決にも役立ちます。
長沼町外の人々に食料や農業に対する認識を深めてもらうことも重要ですが、自分達の町を守っていくため、長沼の子供達に今まで以上に農業に関心をもってもらう取組みや、農業経営を行いやすい環境づくりが今後の課題ではないでしょうか。
元気な長沼の実態を見聞きし、将来に役立つことをたくさん学ぶことができましたが、それを可能にしてくれた長沼の皆さんに感謝したいです。今度は、長沼でグリーンツーリズムを体験したいと思います。


麻田さんの講演を聞いて
地域経済学科2年生(岩内高校出身)

前副知事の麻田信二さんから「農村に移り住む」というテーマで、我々をとりまく環境の変化、これからの生活や地域づくりについてお話を聞かせていただきました。
戦後の日本は、環境問題や食料問題より経済に力を注ぎ、経済大国になることができました。しかし、今やアメリカのグローバルリズムに押され、日本はアメリカの属国となり、高い食料を買わされています。日本は食料自給率を上げなければならないと麻田さんは話してくれました。
地球はアメリカ一国ではありません。一国ごとが世界をつくり、一地域ごとが国をつくり、一人ひとりが地域をつくる。将来をどう考え、どう生きていくのかについて、一人ひとりが考えていくことが大切であると話されていましたが、麻田さんもそのような考え方のもとに農業に取り組んだのだと思います。
役場の方からは、長沼が取り組んでいる「グリーンツーリズム」について講義をしていただきましたが、このような町だからこそ、麻田さんは長沼を選んで移り住んだのだと思います。
夕食は、長沼役場の皆さんとジンギスカンを食べ、いろいろな話を聞くことができ、有意義な地域研修になったと思います。
BACK NEXT
Copyrights(c) 2004 Hokkai-Gakuen University Faculty of Economics All Rights Reserved.