2006年度地域研修報告書
地域研修報告会
1.浅妻 裕 ゼミ
「持続可能な都市と公共交通」
2.池田 均 ゼミ
「地域の社会・経済」
3.太田原 高昭 ゼミ
「北海道発の元気な企業を訪ねて」
4.奥田 仁 ゼミ
「地域産業の実態調査」
5.川村 雅則 ゼミ
「夕張地域住民との交流と、学生の成長」
6.北倉 公彦 ゼミ
「グリーンツーリズム・part3」
7.小田 清 ゼミ
「オーストラリア人観光客急増によるニセコ・ペンション街への影響調査」
8.高原 一隆 ゼミ
「地域経済の内発的発展と地域内経済循環」
9.竹田 正直 ゼミ
「合併後の新しい石狩市の社会経済と環境問題」
10.西村 宣彦 ゼミ
「サケ定置網漁の体験及びサケ加工場の見学」
11.古林 英一 ゼミ1
「さけ定置漁業の実習体験」
12.古林 英一 ゼミ2
「競走馬生産・流通施設の見学」
13.水野 邦彦 ゼミ
「韓国社会を知る実地研修」
14.水野谷 武志 ゼミ
「市町村合併」
15.山田 誠治 ゼミ1
「地域メディアとは何か」
16.山田 誠治 ゼミ2
「コンパクトシティの魅力を探る」
トップページ
2005
北海学園 経済学部
5.川村 雅則 ゼミ
夕張地域住民との交流と、学生の成長
 研修地:夕張市
 参加学生:12名
 研修期間:06年8月31日~9月2日
 経済学科講師:川村 雅則

今年で3年目の夕張入りである。財政再建団体入りの表明という事情もあったので、今年は、例年以上に、チカラの入った研修になった。この間のマスコミによる報道もそうだが、ともすると、夕張の問題は、会計の不正な操作、大規模な観光開発による破たんという枠組みでとらえてしまいがちである。だが、現地入りして、そこに住み続けてきたひとびとをはじめとする多くの方々と交流する中で、学生は、夕張の抱える問題を多角的・歴史的に見る目を養ったのではないかと思う。


地域研修で学んだこと
地域経済学科2年生(帯広北高校出身)

みなさんもご存知だとは思いますが、夕張メロンや石炭の村で有名な夕張市は今年財政再建団体入りを発表しました。炭鉱産業が最も盛んだった頃は10万人以上の人口を抱えた都市でした。しかし、炭鉱産業の衰退などによる人口流出により、過疎化、高齢化が進み、今は10分の1の約1万人のマチになりました。僕たちは夕張市を訪れて、夕張市の現在の財政状況や若者の進学・就職状況、商店街の状況を調べました。この研修で一番印象に残ったことは、市役所での職員労働組合によるお話です。夕張市はなぜ再建団体入りを表明しなければならなかったのか、また、現在ある膨大な赤字をどのようにして減らしていくのか、夕張市の状況を詳しくわかりやすく話していただき、ゼミ生全員真剣に聞いていました。
また、一番苦労したのは商店街の聞き取り調査でした。先生はノータッチで学生だけの聞き取り調査だったこともあり、緊張と不安もありましたが、自分の聞きたかったこと、商店街店主さんの思いを聞くことができ、大変貴重な体験になりました。事前に新聞やテレビ報道で勉強したつもりでしたが、実際現地で調査をすることによって更に詳しく、身をもって学べました。これが「地域研修」のすばらしいところだなと感じました。これからのゼミ活動や大学生活に生かしていきたいと思います。今回の地域研修でゼミの団結力もさらにUPしたので来年の地域研修はさらに良いものにします。


夕張を訪れて
地域経済学科2年生(釧路江南高校出身)

私たちが訪れた夕張は、メロンや石炭の歴史村などが有名ですが、財政再建団体入りを表明したことで、違った意味でも注目を集めています。ニュースや新聞などで色々見聞きしていましたが、実際のマチの状況はどうなっているのか、夕張を訪問して、多くの方々からお話をお伺いしました。
夕張に到着してまず感じたことは、昼間だというのにシャッターが閉まっている店が多く見られることで、人口の流出が進む地域の深刻さを感じました。夕張高校では、卒業生の進路状況や学校側の支援体制などのお話を伺いました。親の経済力が弱いために進路の変更をするケースが見られること、さらに就職先については、札幌など市外に就職する場合、高卒採用は給料が少ないため就職先が限られることをお聞きしました。
二日目は、商店街・商店を訪問し、店主さんにお話を伺いました。一番印象深かったのは、日曜日は売り上げが少ないので本当は休みたいが、観光地を目指しているので年中無休でやっているというお話でした。財政再建団体入りをあまり悲観的に考えず、夕張が好きだからがんばってマチに活気を取り戻そうと、地元の人たちは頑張っているんだなと強く感じました。最後に市役所で職員労働組合の方からお話を聞いた際には、ことの深刻さ、これからの大変さがひしひしと伝わってきて、気安く「頑張って下さい」などとは言えませんでした。
今回の夕張での研修は、夕張の現状を知ることができただけではなく、普段できない体験ができ、自分の中で非常に貴重な財産になりました。お世話になった皆さん、本当に有難うございました。
BACK NEXT
Copyrights(c) 2004 Hokkai-Gakuen University Faculty of Economics All Rights Reserved.