2006年度地域研修報告書
地域研修報告会
1.浅妻 裕 ゼミ
「持続可能な都市と公共交通」
2.池田 均 ゼミ
「地域の社会・経済」
3.太田原 高昭 ゼミ
「北海道発の元気な企業を訪ねて」
4.奥田 仁 ゼミ
「地域産業の実態調査」
5.川村 雅則 ゼミ
「夕張地域住民との交流と、学生の成長」
6.北倉 公彦 ゼミ
「グリーンツーリズム・part3」
7.小田 清 ゼミ
「オーストラリア人観光客急増によるニセコ・ペンション街への影響調査」
8.高原 一隆 ゼミ
「地域経済の内発的発展と地域内経済循環」
9.竹田 正直 ゼミ
「合併後の新しい石狩市の社会経済と環境問題」
10.西村 宣彦 ゼミ
「サケ定置網漁の体験及びサケ加工場の見学」
11.古林 英一 ゼミ1
「さけ定置漁業の実習体験」
12.古林 英一 ゼミ2
「競走馬生産・流通施設の見学」
13.水野 邦彦 ゼミ
「韓国社会を知る実地研修」
14.水野谷 武志 ゼミ
「市町村合併」
15.山田 誠治 ゼミ1
「地域メディアとは何か」
16.山田 誠治 ゼミ2
「コンパクトシティの魅力を探る」
トップページ
2005
北海学園 経済学部
1.浅妻 裕 ゼミ
持続可能な都市と公共交通
 研修地:福岡県福岡市、長崎県長崎市
 参加学生:10名
 研修期間:06年9月14日~17日
 経済学科助教授:浅妻 裕

公共交通は「都市の装置」といわれ、公共交通を明確に都市政策に位置づけることで、都市の再生や活性化を図っていくことが可能である。福岡や長崎は、黒字経営の地下鉄、日本最大のバス会社、100円均一運賃の路面電車など、公共交通の経営で着目されている地域である。これは公共交通の体系が都市の経済活動と密接にリンクしているからであり、また、公共交通が都市政策に位置づけられているためと考えられる。このようなことを聞き取り調査で具体的に学習しつつ、実際に利用し経験したことは、北海道の公共交通と都市づくりについて考えるための良い機会となった。


公共交通とまちづくり
地域経済学科2年生(苫小牧西高校出身)

「公共交通がまちづくりにどんな影響を及ぼしているのだろうか。」というテーマについて、今回の地域研修に向けての事前学習、そして研修地である福岡、長崎でのヒアリングによって学びました。
私たちがヒアリングした福岡市営地下鉄、西日本鉄道、長崎市電はそれぞれ経営的に注目を集めている公共交通機関です。いずれにも共通するのはコストの削減です。運転手にOBの起用や、他都市の中古の路面電車の活用などをすることでコストを低くすることができ乗客増につなげました。 その結果、交通の回遊性が高まり市内中心部の商店街や郊外にある観光地の活性化に貢献しました。さらに福岡市では自家用車を使う人が減ったため、渋滞の緩和、交通事故や違法駐車が減少しました。そして私が一番良い効果を生んでいると思ったのが排ガスなどの環境問題です。1人が1キロ移動するのに必要な排ガスの量では個別交通である自家用車と公共交通であるバス、地下鉄などでは100倍前後も違います。これは今日の環境問題を考える日本、そして世界においても大きな意味をもつでしょう。
このような公共交通によって環境問題の改善にも貢献していると思われる福岡、長崎の取り組みに対して、私たち北海学園大学のある札幌ではそれに学ぶべき点が多くあるように感じました。私たちがこれからも生活していくであろう札幌がより良い都市になっていくためには、交通に起因する様々な問題にも対応し改善していく必要があるのではないかと思いました。


地域研修を終えて
経済学科2年生(岩見沢東高校出身)

私たちは、九州の福岡市と長崎市に行きました。福岡では福岡市交通局を訪れ、黒字経営を続ける福岡の地下鉄事業について、また西日本鉄道(株)にて、福岡都心100円バスの事業実態についてヒアリングを行いました。さらに長崎では長崎電気軌道(株)にてヒアリングを行い、長崎電気軌道は市民にとっても観光客にとっても重要な交通手段になっていることを学びました。
福岡市交通局では工場見学を行い、普段知ることのできない地下鉄の構造を知り、また札幌の地下鉄事業と比較することでより一層理解を深めることができました。100円バスと長崎電気軌道は実際に自分たちが乗ることで、話を聞くだけでは知りえない現場の雰囲気を感じ取ることができました。また、限られた時間の中で、屋台巡りをしたり、ハウステンボスで遊んだりと観光気分も満喫することができました。
地域研修は、現地の人々の生の声を聞けるだけでなく、皆と行動を共にすることで大学では見られない多様な一面を発見できるという魅力もあります。私たちは仲間と部屋で毎晩のように盛り上がりました。交流を深めることで、ゼミメンバーは大学生活における大切な仲間となりました。先生も学生に負けないくらいアクティブで、かなりハードな日程でしたが、このゼミに入って地域研修を体験でき、本当によかったと思う瞬間が多々あります。普段行くことのない場所で貴重な体験をし、様々なことを学べる地域研修は人生における大きな糧になると思います。
BACK NEXT
Copyrights(c) 2004 Hokkai-Gakuen University Faculty of Economics All Rights Reserved.