2005年度地域研修報告書
地域研修報告会
1.浅妻裕ゼミ
「環境保全型の観光地づくりに向けて」
2.池田均ゼミ
「地域活性化への模索」
3.伊藤淑子ゼミ
「まちという名の家族-栗山町を訪れて」
4.伊藤淑子ゼミ
「ニセコ町のまちづくりに学ぶ」
5.太田原高昭ゼミ
「地域でがんばる人々を訪ねて」
6.奥田仁ゼミ
「地域の歴史と産業を訪ねて」
7.小田清ゼミ
「地域産業の発展と新しい地域活性化への動き」
8.川村雅則ゼミ
「旧産炭地・夕張で地域経済を思い足元の札幌で女性労働を考える」
9.北倉公彦ゼミ
「グリーンツーリズムを学ぶ」
10.1竹田正直ゼミ
「石狩市地域研修の成果」
11.西村宣彦ゼミ
「十勝地方のナチュラル・チーズ産業の調査」
12.古林英一ゼミ
「サケ定置漁業の体験実習」
13.水野邦彦ゼミ
「韓国社会を知る実地研修」
14.水野谷武志ゼミ
「登別観光の実態調査」
15.山田誠治ゼミ
「人と人のつながりを拡げる中で函館駅前の活性化を」
16.山田誠治ゼミ
「伝統と未来の融合を追い求める街-金沢と富山」
トップページ
北海学園 経済学部
2005年度『地域研修報告書』の発行に当たって
北海学園大学経済学部長
小田清

地域経済学科に開設されている「地域研修I・II」は、「地域づくりの諸活動」を直接見聞・体験することによって、現実の生きた地域経済・社会を学習することにおかれています。なわち、講義やゼミナール等で学んだ理論や知識をもとにしながら、地方自治体や民間企業、各種団体やNPOなどにおける様々な「地域づくり」「マチおこし」「国際交流」などの取り組みに触れることによって、その地域が抱える悩みや問題、あるいは良き事例を学ぶというものです。また、泊まり込みなどで地域住民との交流をさらに深めながら、地域づくりに寄せる住民の熱い思いを学び取ることも重視しています。

これまでの経済学のイメージは「理論=DeskWork」でしたが、近年では多様な学問分野を取り込んで展開されています。この「地域研修」もそのような広がりの一つで、成果の発表は履修者全員参加の下、ゼミ単位での「地域研修報告会」として行われています。その概要を『報告書」としてまとめたのが本書です。ご笑覧頂ければ幸いです。

ご協力頂いた地方自治体や各種団体の皆様に深く感謝申し上げます。
NEXT
Copyrights(c) 2004 Hokkai-Gakuen University Faculty of Economics All Rights Reserved.