2005年度地域研修報告書
地域研修報告会
1.浅妻裕ゼミ
「環境保全型の観光地づくりに向けて」
2.池田均ゼミ
「地域活性化への模索」
3.伊藤淑子ゼミ
「まちという名の家族-栗山町を訪れて」
4.伊藤淑子ゼミ
「ニセコ町のまちづくりに学ぶ」
5.太田原高昭ゼミ
「地域でがんばる人々を訪ねて」
6.奥田仁ゼミ
「地域の歴史と産業を訪ねて」
7.小田清ゼミ
「地域産業の発展と新しい地域活性化への動き」
8.川村雅則ゼミ
「旧産炭地・夕張で地域経済を思い足元の札幌で女性労働を考える」
9.北倉公彦ゼミ
「グリーンツーリズムを学ぶ」
10.1竹田正直ゼミ
「石狩市地域研修の成果」
11.西村宣彦ゼミ
「十勝地方のナチュラル・チーズ産業の調査」
12.古林英一ゼミ
「サケ定置漁業の体験実習」
13.水野邦彦ゼミ
「韓国社会を知る実地研修」
14.水野谷武志ゼミ
「登別観光の実態調査」
15.山田誠治ゼミ
「人と人のつながりを拡げる中で函館駅前の活性化を」
16.山田誠治ゼミ
「伝統と未来の融合を追い求める街-金沢と富山」
トップページ
北海学園 経済学部
9.北倉公彦ゼミ
グリーンツーリズムを学ぶ
 研修地:長沼町
 参加学生12名
 研修期間:05年9月12日~13日
 地域経済学科教授:北倉公彦

昨年に引き続き長沼町で、構造改革特区制度を活用して振興を図っている「グリーンツーリズム」をテーマに、I・II合同の地域研修を行った。学生は、その取り組み事例とともに、他の市町村とは異なる役場職員の困難を可能にする姿勢を学んでくれたものと思う。


長沼での地域研修

長沼でのスケジュール:1日目は、笠山農政課長からグ」一ンツーリズムへの取組みについての説明の後、「米の館」見学、パークゴルフ体験。夜は役場の皆さんとジンギスカンで交流会。2日目は、長沼町長を表敬訪問し、仲野りんご園と修学旅行生受入れ農家訪問。道の駅「マオイの丘公園」で昼食、解散。長沼町が実施しているグリーンツーリズム事業は都市部の修学旅行生を農家に受け入れたり、札幌近郊の小中学生に農業を体験させ、農業に関心を持ってもらおうというもの。今年、初めて静岡県浜松市の中学生を受け入れた。
修学旅行生受入れの問題点:
(1)1世帯当たり受入れ生徒数が3~4人であるため、農家によって生徒の体験に差が生じてしまう。
(2)受け入れた子供によって、男女差、食欲や性格に差があり、農家の負担額に差が出る。
(3)食費などの経費を差し引くと、ほとんど残らない。
(4)普通の民家では衛生管理上、食事を提供できないので、生徒が料理を手伝う形で実施している。
受け入れた柳原さんの声:中学生とコミュニケーシ目ンをとるのが難しかったが、学校で問題がある子でも素直で嬉しかった。基礎的な農作業だけだったが、真剣に取り組んでくれた。(地域経済学科3年生)


長沼ジンギスカン

ゼミ合宿では「長沼ジンギスカン」の話がとくに印象的であった。「長沼ジンギスカン」というからには、長沼には羊がたくさんいるものと想像していたが、羊の姿はどこにも見られず、不思議に思った。
その謎は、役場の方々と夕食にジンギスカンを食べたときに解けた。昔は羊毛をとるために多くの農家で羊を飼っていたが、その肉はクセが強すぎたため家庭ごとに味付けして食べていた。売り出そうとした頃には羊がいなくなっていたので豪州産羊肉を味付けして売り出したのだそうである。長沼に羊がいないのも当たり前である。
長沼には味付けの違うジンギスカンが3種類あり、食べ比べることができた。最近は美容やダイエットに効果があると、東京の若い女性にも人気が出てきている。
2日目は、仲野リンゴ園を訪ねたが、もぎたてのリンゴの味と、仲野さんのリンゴやグリーンツーリズムに対する思い入れが印象的であった。また、浜松市の中学の修学旅行生を受け入れた柳原さん宅で、話を聞くことができた。
地域研修を通じて農業に関心をもつことができ、来年は、農家に宿泊してグリーンツーリズムを深く学びたい。(地域経済学科2年生)
BACK NEXT
Copyrights(c) 2004 Hokkai-Gakuen University Faculty of Economics All Rights Reserved.