2005年度地域研修報告書
地域研修報告会
1.浅妻裕ゼミ
「環境保全型の観光地づくりに向けて」
2.池田均ゼミ
「地域活性化への模索」
3.伊藤淑子ゼミ
「まちという名の家族-栗山町を訪れて」
4.伊藤淑子ゼミ
「ニセコ町のまちづくりに学ぶ」
5.太田原高昭ゼミ
「地域でがんばる人々を訪ねて」
6.奥田仁ゼミ
「地域の歴史と産業を訪ねて」
7.小田清ゼミ
「地域産業の発展と新しい地域活性化への動き」
8.川村雅則ゼミ
「旧産炭地・夕張で地域経済を思い足元の札幌で女性労働を考える」
9.北倉公彦ゼミ
「グリーンツーリズムを学ぶ」
10.1竹田正直ゼミ
「石狩市地域研修の成果」
11.西村宣彦ゼミ
「十勝地方のナチュラル・チーズ産業の調査」
12.古林英一ゼミ
「サケ定置漁業の体験実習」
13.水野邦彦ゼミ
「韓国社会を知る実地研修」
14.水野谷武志ゼミ
「登別観光の実態調査」
15.山田誠治ゼミ
「人と人のつながりを拡げる中で函館駅前の活性化を」
16.山田誠治ゼミ
「伝統と未来の融合を追い求める街-金沢と富山」
トップページ
北海学園 経済学部
5.太田原高昭ゼミ
地域でがんばる人々を訪ねて
 研修地:滝川市、旭川市、富良野市
 参加学生12名
 研修期間:05年8月22日~24日
 地域経済学科教授:太田原高昭

自家用車3台を連ねての2泊3日の旅でした。滝川市の農業機械メーカー、旭川市の旭山動物園、美瑛、富良野の観光地など肩のこらない見学旅行で学生は大喜び。宿泊も人里離れた山小屋の自炊生活で、買い物から自分たちでやりました。大自然の中で若いエネルギーを爆発させることでその後のゼミ運営にも大変よい影響がありました。地域でがんばる人々と触れあう経験は、地域経済学科での学習の基本であることを再確認しました。


地域再生の努力に学ぶ

今回は旭川を中心に、富良野地方などに地域研修に行きました。研修では、今後地域再生に期待が出来る農法や地域活性化に大きな影響を与えた場所を見学し、自然愛護等をしている方の話を聞きました。普段出来ない体験もあり、貴重な時間を過ごすことが出来たと思います。
研修で特に印象に残っている所は、旭山動物園でした。一般的な動物をただオリに入れる展示方法ではなく、動物本来の生態を生かした展示方法です。旭山動物園の「集客より、人を惹き付けるには一方の視点だけではなく、別の視点から見つめなおす」姿勢が成功につながるきっかけになると感じました。最近は、全国的に入場者が減少傾向にある動物園等の施設は、この状況を抜け出すために工夫する所が多くなったと思います。旭山動物園は、工夫すること、命の大切さを人々に教え、動物の本来の生きる様を訴え、今後も更なる発展をして欲しいです。
今回見学したところの共通点は、自ら地域再生のために工夫をし、共存共栄の仕組みのあり方を考え、活動しているというところが多かったように感じられました。今後更にどのような街づくりをしていくか興味深い地域で、注目していきたいと思います。(地域経済学科2年生)


生の情報を得る貴重な機会

今年8月に行われた地域研修において、私たち太田原ゼミは最初の見学地として、北海道滝川市にある農業機械製造業サークル鉄工が行っているミスト栽培を見学しました。
サークル鉄工では滝川市江部乙町にある旧江部乙中学校跡地を、地域再生計画を用いて無償で利用し、ビニールハウスを建ててオオバの栽培を行っています。このオオバ栽培はミスト農法という特殊な技法が用いられています。私たちはオオバ栽培の行われているビニールハウスの内部を直に見学し、ミスト農法のやり方や設備などを見学したり、栽培されているオオバを食べてみたりしました。その後、サークル鉄工の方から、オオバ栽培に関する説明や現在の課題、今後の見通し等を聞き、見学を終えました。
この地域研修は、私たちが本や講義などで得ているいわば「伝え聞いた情報」ではなく、実際にその場所に赴き見学したり関係者の方々から話を聞いたりして、普段の生活ではなかなか得ることの出来ない「生の情報」を得ることが可能な貴重な機会を提供するものと言えます。机の上の学習だけでなく、こうした体験型の学習を取り入れていくことは画期的で重要なことだと思います。(地域経済学科3年生)
BACK NEXT
Copyrights(c) 2004 Hokkai-Gakuen University Faculty of Economics All Rights Reserved.