2005年度地域研修報告書
地域研修報告会
1.浅妻裕ゼミ
「環境保全型の観光地づくりに向けて」
2.池田均ゼミ
「地域活性化への模索」
3.伊藤淑子ゼミ
「まちという名の家族-栗山町を訪れて」
4.伊藤淑子ゼミ
「ニセコ町のまちづくりに学ぶ」
5.太田原高昭ゼミ
「地域でがんばる人々を訪ねて」
6.奥田仁ゼミ
「地域の歴史と産業を訪ねて」
7.小田清ゼミ
「地域産業の発展と新しい地域活性化への動き」
8.川村雅則ゼミ
「旧産炭地・夕張で地域経済を思い足元の札幌で女性労働を考える」
9.北倉公彦ゼミ
「グリーンツーリズムを学ぶ」
10.1竹田正直ゼミ
「石狩市地域研修の成果」
11.西村宣彦ゼミ
「十勝地方のナチュラル・チーズ産業の調査」
12.古林英一ゼミ
「サケ定置漁業の体験実習」
13.水野邦彦ゼミ
「韓国社会を知る実地研修」
14.水野谷武志ゼミ
「登別観光の実態調査」
15.山田誠治ゼミ
「人と人のつながりを拡げる中で函館駅前の活性化を」
16.山田誠治ゼミ
「伝統と未来の融合を追い求める街-金沢と富山」
トップページ
北海学園 経済学部
4.伊藤淑子ゼミII
ニセコ町のまちづくりに学ぶ
 研修地:ニセコ町
 参加学生8名
 研修期間:05年8月24日~25日
 地域経済学科教授:伊藤淑子

ゼミナールIIの研修先として、昨年の栗山町に続いて、今年はニセコ町を選びました。いずれも、先進的なまちづくりのために、全国から見学者が訪れている地域です。町総務課参事の方、また2日間にわたってお世話になった「ニセコリゾート観光協会」の方たちのお話から、全国から注目されるようになるまでの努力の蓄積、その間に直面した課題をどのように解決してきたのか、などといったことについて、ありありと伺うことができた、有意義な研修でした。


こんな研修でした

今回の地域研修で、伊藤ゼミは8月24、25日の2日間でニセコ町に行ってきました。ニセコ町は、全国の町の中でも独自のまちづくりを行っていることで注目され続けています。そうしたニセコ町で、実際にどのようなことが行われているのか、ということを研修してきました。役場では、「ニセコ町まちづくり基本条例」について、話を伺いました。また、全国で始めて株式会社化したというニセコリゾート観光協会では、観光協会の具体的な事業、綺羅街道を中心とした中心街の整備について、さらに観光、環境、農業のまちづくりなどの話も聞かせてもらいました。また、綺羅街道を実際に歩くなどまちづくりの様子を間近で感じたり、ラフティングをしたりしてニセコ町の観光を体感してきました。このようにニセコ町を研修することによって、ニセコ町の素晴らしさを存分に味わうことができました。その背景には、町長をはじめとする役場の人たちの斬新なアイデアや努力、町民の人たちとの連携が欠かせないものとなっていました。今回の研修で、まちづくりの根本を垣間見ることができ、満足いくものとなりました。(地域経済学科3年生)


ニセコリゾート 観光協会のこと

今回地域研修で、私たちはニセコ町を訪れました。このニセコ町には全国で初めて株式会社化した町の観光協会があります。今回の研修も「ニセコリゾート観光協会」の方々に大変お世話になりました。
今までの観光協会では、責任の所在が不明瞭であることや、財源を町に依存しているため、町の動向に左右されてしまい幅広い事業の展開が難しいことなどの多くの問題を抱えていたため、それらを解決するために株式会社化に乗り出しました。『会社が儲かることで地域が儲かる」いわゆる地域循環型の会社を目指し、様々な試みをなさっていました。
ニセコの観光協会は新しい観光協会のあり方として注目され、全国からの視察も多く訪れています。今後の課題としてはさらに地域振興による利益を上げ、様々なコミュニケーションをとっていくことがあげられています。
しかし、行政側から見ても観光協会から見てもメリットの大きいこの事業は今後ますます成長していくであろうと思います。産業振興のために商工・観光・農業の連携を図り、地域をコーディネートする観光協会の存在はこれからのまちづくり、地域発展に欠かせない存在となると思いました。(地域経済学科3年生)
BACK NEXT
Copyrights(c) 2004 Hokkai-Gakuen University Faculty of Economics All Rights Reserved.