2005年度地域研修報告書
地域研修報告会
1.浅妻裕ゼミ
「環境保全型の観光地づくりに向けて」
2.池田均ゼミ
「地域活性化への模索」
3.伊藤淑子ゼミ
「まちという名の家族-栗山町を訪れて」
4.伊藤淑子ゼミ
「ニセコ町のまちづくりに学ぶ」
5.太田原高昭ゼミ
「地域でがんばる人々を訪ねて」
6.奥田仁ゼミ
「地域の歴史と産業を訪ねて」
7.小田清ゼミ
「地域産業の発展と新しい地域活性化への動き」
8.川村雅則ゼミ
「旧産炭地・夕張で地域経済を思い足元の札幌で女性労働を考える」
9.北倉公彦ゼミ
「グリーンツーリズムを学ぶ」
10.1竹田正直ゼミ
「石狩市地域研修の成果」
11.西村宣彦ゼミ
「十勝地方のナチュラル・チーズ産業の調査」
12.古林英一ゼミ
「サケ定置漁業の体験実習」
13.水野邦彦ゼミ
「韓国社会を知る実地研修」
14.水野谷武志ゼミ
「登別観光の実態調査」
15.山田誠治ゼミ
「人と人のつながりを拡げる中で函館駅前の活性化を」
16.山田誠治ゼミ
「伝統と未来の融合を追い求める街-金沢と富山」
トップページ
北海学園 経済学部
3.伊藤淑子ゼミI
まちという名の家族-栗山町を訪れて
 研修地:栗山町
 参加学生12名
 研修期間:05年8月29日~30日
 地域経済学科教授:伊藤淑子

ゼミナールIは、栗山町で地域研修を行いました。栗山町を研修先として選択した理由は、学生たちに、従来の「役所仕事」という概念にチャレンジしている人たちと出会ってほしいという願いからです.栗山町は、地域通貨「クリン」で有名な町ですが、その以前も以降も、「福祉のまちづくり」をはじめとし、斬新な独自事業が続けられています。そんなまちづくりのエネルギーを、それぞれが、肌で感じ取ったのではないかと思っています。


こんな研修でした

私たち伊藤ゼミは8月29日~30日にかけて、高原ゼミと合同で栗山町に研修に行ってきました。ここで簡単にですが、私たちが研修してきた内容を紹介したいと思います。まず29日の朝に札幌を出発し、10時頃に栗山町に着き、カルチャーブラザという所で中心街の活性化事業についての話を聞きました。その後に駅前通りを視察し、昼食をとり、午後からは役場庁舎で吉田さんという方に栗山町の現状についていろいろ話を聞き、工業団地・「木の城たいせつ」の施設・町内にある「栗の樹ファーム」という施設をそれぞれ見学してきました。30日にもう一度役場庁舎に行き、今度は出南さんという方に栗山町が行っているまちづくりについての話をしていただきました。そして町内での地域づくりの現場(ファーブルの森など)の視察を行いました。だいたいこんな流れで研修してきたわけなのですが、この研修から帰ってきた後に自分の住んでいる市町村について考えたり、栗山町と比べてみたり…など色々考えた人が自分を含め結構いたようで、とても楽しく充実した研修でした。(地域経済学科2年生)


印象に残ったこと

栗山町商店街は電線地中化を行っていました。道外では、京都や群馬で実旅されているのは知っていましたが、栗山町でも実施されていたとは、思いもよりませんでした。歩道に電柱が無いだけで、景観が広がるだけでなく歩きやすくなり、自転車と歩行者の接触事故も減るでしょう。それに加え、車椅子の方や、視力障がいのある方も安心して通行する事が出来るのではないでしょうか。このような多くの町民の視点に立ったまちづくりには、他の市町村が学ぶべきことも多くあると感じました。
次に、栗山町に拠点を置く木の城たいせつ本社ですが、平成16年に小泉首相が訪問されました。これは木の城たいせつが日本有数の企業と認められたことであり、首相は同社の「もったいない精神」を絶賛し、「木の城たいせつは、世界に誇れる企業だ」とおっしゃっていました。
北海道の家は北海道の木で作るという姿勢の背景には「百年もつ家」というコンセプトがあり、説明をしてくださった北海学園大学の卒業生の方のお話しから、木の城たいせつが人だけでなく、環境に配慮した優良企業であると感じました。
栗山町の皆さまには、お忙しい中、私たち学生に貴重な体験をさせてくださったこと、そして丁寧で真心のこもった応対をしていただいたことに感謝いたします。(地域経済学科2年生)
BACK NEXT
Copyrights(c) 2004 Hokkai-Gakuen University Faculty of Economics All Rights Reserved.