教員紹介

教員紹介

地域経済学科
水野谷 武志 教授
Takeshi MIZUNOYA

教員個人Webサイト

メールアドレス

専門分野 経済統計 水野谷 武志
主要担当科目 社会調査論
研究テーマ 労働時間と生活時間の統計的研究
学位 学士(経済学)(法政大学)
修士(経済学)(法政大学)
博士(経済学)(法政大学)
略歴 法政大学経済学部経済学科卒業,法政大学大学院社会科学研究科経済学専攻博士課程修了,北海学園大学経済学部講師を経て現職
所属学会 経済統計学会(理事)
国際統計協会・公的統計部門
日本統計学会
社会政策学会
国際生活時間学会
サークル顧問 経済学部ゼミナール協議会,雑学研究会
趣味 サッカー(小3から高3まで部活,大学ではサークル,その後地元の社会人リーグ,最近はあまりできていない...涙),フットサル(北海学園大学教職員のフットサルチームに所属),最近はご無沙汰していますがテニスとスキー,スポーツ観戦(国内外のプロサッカー,バスケならNBA,アメフトならNFL)
おすすめの本 『夜と霧』(新版) ヴィクトール・E・フランク 著/池田 香代子 訳(みすず書房)
おすすめの映画 「ショーシャンクの空に」(主演:ティム・ロビンス)
学生へのメッセージ 何か新しく物事を学びたいと思ったとき,1人で地道に取り組むやり方もありますが,仲間とともに進めるのも楽しいものです。チームプレーがうまくいかずに時には苦労するかもしれませんが,悩みやグチをお互いに打ち明けたり,1人ではなし得なかった大きな達成感を仲間と分かち合えたりする喜びがあるからです。大学の講義には,このような少人数の仲間と一緒に学問に取り組む場として,ゼミナール(通称ゼミ)という講義が用意されています。ゼミは学問だけではなく友情も深められる絶好の場です。積極的にゼミ活動に取り組んで,大学生活を充実させてほしいです。
研究業績
(10点以内)
[著書]
『雇用労働者の労働時間と生活時間:国際比較統計とジェンダーの視角から』御茶の水書房 2005年
『格差社会の統計分析』(岩井浩,福島利夫らとの共著)北海道大学出版会 2009年
[論文]
「欧州統計システムにおける統計品質活動の到達点」『北海学園大学経済論集』(本学経済学部)第58巻,第4号 2011年
「正規雇用者における平日の労働時間と休息時間:『社会生活基本調査』ミクロデータによる分析」『北海学園大学経済論集』(本学経済学部)第59巻第4号 2012年
[学会発表]
Advances and challenges in cross-national comparison on Time Use statistics: An EU-Japan comparison」『国際生活時間学会第32回国際会議』 2010年7月7日〜9日