教員紹介

教員紹介

経済学科
大屋 定晴 教授
Sadaharu OYA

メールアドレス

専門分野 社会経済学、グローバリゼーション研究 大屋 定晴
主要担当科目 社会経済学
研究テーマ 現代資本主義、新自由主義化、オルタ・グローバリゼーション運動
学位 学士(社会学)(一橋大学)
修士(社会学)(一橋大学大学院)
略歴
所属学会 経済理論学会
日本社会学会
唯物論研究協会
研究業績
(10点以内)
[著書]
『グローバリゼーションの哲学』、岩佐茂・劉奔(原博昭)編、創風社、2006年5月
『共生と共同、連帯の未来――21世紀に託された思想』、藤谷秀・尾関周二・大屋定晴編、青木書店、2009年8月
『マルクスの構想力』、岩佐茂編、社会評論社、2010年4月
[論文]
「社会的闘争の多様性と資本蓄積――いわゆる『反グローバル』運動の評価をめぐる一視角として」、『唯物論』第81号、44〜59頁、東京唯物論研究会、2007年11月
「ラテンアメリカにおける批判的知の形成――パウロ・フレイレ、民衆教育から世界社会フォーラムへ」、『唯物論研究年誌第15号 批判的〈知〉の復権』、130〜152頁、唯物論研究協会編、大月書店、2010年10月
「資本の地理的不均等発展――新自由主義的グローバル化への批判と現代資本主義論」『歴史評論』第741号、35〜49頁、歴史科学協議会、2012年1月
「アメリカ反資本主義運動の位置――マルクス派の理論と直接行動派の倫理をめぐって」、『季刊 経済理論』第50巻第2号、43〜55頁、経済理論学会、2013年7月
「ハーヴェイによる地理学的批判理論の構築――グローバル資本主義に抗するコスモポリタニズムのために」、『コスモポリタニズム――自由と変革の地理学』、デヴィッド・ハーヴェイ著、大屋定晴訳・解説、森田成也・中村好孝・岩崎明子訳、501〜557頁、作品社、2013年9月
[学会発表]
「資本主義の《終わり》の始まり?――資本主義への抵抗運動と《地理的不均等発展》」、唯物論研究協会第32回研究大会、金沢大学、2009年11月
[その他]
『資本の〈謎〉――世界金融恐慌と二一世紀資本主義』、デヴィッド・ハーヴェイ著、森田成也・大屋定晴・中村好孝・新井田智幸訳、作品社、2012年2月