教員紹介

教員紹介

地域経済学科
内田 和浩 教授
Kazuhiro UCHIDA

教員個人Webサイト

メールアドレス

専門分野 社会教育学、地域社会学 内田 和浩
主要担当科目 地域社会論
研究テーマ 「縮小社会」の持続可能な発展と「自治体社会教育」
学位 文学士(中央大学)
修士(教育学)(北海道大学)
博士(教育学)(北海道大学)
略歴 中央大学文学部哲学科社会学専攻卒業
相模原市教育委員会社会教育主事を経て 北海道大学大学院教育学研究科博士後期課程単位取得退学
北星学園女子短期大学助教授
北海道教育大学生涯学習研究センター教授
所属学会 日本社会教育学会(理事)
自治体学会
日本教育社会学会
全国社会教育職員養成研究連絡協議会(理事)
北海道自治体学会
日本生涯教育学会
日本公民館学会(理事)
地域社会学会
コミュニティ政策学会
趣味 韓国語会話
おすすめの本 三浦綾子著『銃口』(小学館文庫)
おすすめの映画 カッコーの巣の上で(ジャック・ニコルソン)
おすすめの音楽 月桃(海勢頭 豊)
社会活動 北海道社会教育委員(同会議議長)(平成16年7月〜平成24年6月)
「道民カレッジ」運営委員(同副会長・企画部会長)(平成19年4月〜平成25年3月)
北海道地域づくりアドバイザー(平成21年9月〜現在)
学生へのメッセージ 社会教育主事課程も兼担しています。地域づくりへ向けた大人の学びを支援するのが、社会教育主事の仕事です。経済学部地域経済学科で、地域社会の構造や地域づくりの実態を学ぶとともに、併せて社会教育主事課程で学び、「自治体社会教育」の担い手をめざしませんか?!
研究業績
(10点以内)
[著書]
『「自治体社会教育」の創造(増補改訂版)』(北樹出版)2011年
[論文]
「大都市における地域社会教育実践成立の可能性-地域コミュニティと担い手をめぐる日韓(札幌・大田)の比較から-」『経済論集』第60巻第3号(北海学園大学経済学会)2012年
「『縮小社会』における地域社会の持続可能な発展に関する一考察(その1)〜『北海道公民館史』を手がかりに〜」『開発論集』第87号(北海学園大学開発研究所) 2011年
「『縮小社会』における地域社会の持続可能な発展に関する一考察(その2)〜『北海道公民館史』を手がかりに〜」『開発論集』第89号(北海学園大学開発研究所) 2012年
「『縮小社会』における地域社会の持続可能な発展に関する一考察(その3)〜『北海道公民館史』を手がかりに〜」『開発論集』第91号(北海学園大学開発研究所) 2013年
「地域社会から求められる社会教育主事養成(その1)〜北海道内市町村教育委員会へのアンケート調査をもとに〜」『開発論集』第93号(北海学園大学開発研究所) 2014年
韓国・大田広域市のコミュニティ政策と持続可能な「まちづくり」『経済論集』第61巻第4号(北海学園大学経済学会)2014年