教員紹介

教員紹介

経済学科
市川 大祐 教授
Daisuke Ichikawa

メールアドレス

専門分野 日本経済史 市川 大祐
主要担当科目 日本経済史
研究テーマ 明治期日本における農業技術の普及過程、戦前期接収日本企業史料についての研究
学位 学士(文学)(東京大学)
修士(文学)(東京大学)
略歴 東京大学 文学部歴史文化学科日本史学専門卒業
東京大学大学院人文社会系研究科博士課程単位取得退学
所属学会 政治経済学・経済史学会
社会経済史学会
学生へのメッセージ 歴史を学ぶことはどういう意義があるのでしょうか?残された史料は一部にしか過ぎませんが、丹念にみていくことで、様々な問題と格闘し、我々と同じように悩んでいた人々の姿が見えてきます。
研究業績
(10点以内)
[著書]
『戦前期北米の日本商社』「三菱商事北米支店と魚粉取引」部分担当(共著)日本経済評論社 2013年
『史跡で読む日本の歴史10』「北海道の開拓」部分担当(共著)吉川弘文館 2010年
『明治前期の日本経済』「農業技術普及と勧業政策」部分担当(共著)日本経済評論社 2004年
[論文]
論説 「萬三商店の肥料製造と販路開拓」『社会経済史学』79巻1号 2013年5月
論説 「明治期福島県における肥料流通-県内肥料流通の数量的検討-」『北海学園大学経済論集』第60巻第3号2012年12月
研究ノート「三菱商事在オーストラリア支店の活動について―羊毛取引を中心に―」『三菱史料館論集』第11号 2010年
[学会発表]
パネルディスカッション「地方資産家の多角経営と事業構造」(共同・報告2) 社会経済史学会大会 名古屋大学 2012年5月
パネルディスカッション「在米日系企業接収文書の研究」(共同・コメンテーター)」日本経営史学会  立教大学 2008年