経済学部2部

経済学部2部の特色

経済学部2部の特色

道内初の夜間大学が誇る伝統と実績
北海学園大学経済学部2部は、北海道における最初の大学夜間部として1953年に設置され、社会と経済をささえる有為の人材をこれまでに累計で1万人以上(旧・2部経営学科を含む)輩出してきました。今では道内の各界で本学の卒業生が活躍しています。この伝統と厚い信頼を受け、そしてさらなる期待に応えるべく、本学経済学部では2003年に経済学科・地域経済学科の2学科体制をととのえました。

経済学部2部には、一般入試とともに社会人特別入試や推薦入試の制度が設けられ、ひろく門戸が開放されています。さまざまな経験を積んできた社会人学生もおり、受講する学生の年齢もさまざまです。

専門教育・カリキュラムの特色

経済学部2部の勉学内容は、基本的に1部と同じです。

「経済学部基礎科目」「統計・情報」「理論」「歴史」で経済学・社会科学の基礎を身につける
入学後、1年次のうちは学科に所属せず、「経済学部基礎科目」「統計・情報」「理論」「歴史」の4つの科目群を中心に、経済学や社会科学の基礎をしっかり学びます。また、1年生全員を対象に少人数の基礎ゼミナールも開かれ、大学生としての学びの態度や技術・方法を身につけます。

2年次からは専門の学びへ

 2年次からは専門ゼミナールが始まります。それと同時に学科に所属し、専門の学びを深めていきます。経済学科へ進んだ学生は、「経済財政政策」「公共政策」「国際経済」の3コースから、地域経済学科へ進んだ学生は、「地域経済・産業」「地域づくり」「東アジア経済」の3コースから、自分の関心にあったコースをひとつ選び、より深い専門知識を身につけていきます。

経済学科の場合、「経済財政政策コース」では、さまざまな経済問題を解決するために政府がとる政策について学びます。「公共政策コース」では、社会保障制度など、人々の生活を保障するための制度や政策について学びます。「国際経済コース」では、世界経済と日本経済のかかわりや望ましい世界経済秩序のあり方などについて学びます。

また、地域経済学科の場合、「地域経済・産業コース」では、地域経済の現状と課題、そして北海道経済の可能性などについて学びます。「地域づくりコース」では、行政、民間企業、NPOなどさまざまな主体による地域づくりについて学びます。「東アジア経済コース」では、中国、韓国、ロシアなどの経済と社会、そして東アジアにおける北海道経済の位置と可能性などについて学びます。

経済学部2部の学生が取得できる資格

教育職員免許
【経済学科】
中学校教諭1種/社会
高等学校教諭1種/地理歴史・公民・商業
【地域経済学科】
中学校教諭1種/社会
高等学校教諭1種/地理歴史・公民
司書
司書教諭