経済学研究科

教育研究上の目的

修士課程

経済学研究科修士課程は理論・歴史・政策の各分野の研究を通じて将来大学などにおいて教育・研究に携わる自立的な研究者を養成し、また生涯学習の一環として地域社会の各分野において必要とされる能力と学識を有する人材を養成し、さらに外国人留学生を受け入れることで知的な国際交流の輪を広げることを目的としている。

博士(後期)課程
経済学研究科博士(後期)課程は修士課程修了者を対象として、地域社会に立脚しながら国際化した経済政策問題を理論的・実証的にさらに深めることにより自立的研究者を養成し、さらに経済政策を具体的・総合的に立案・計画する能力を高めることにより現代社会に必要とされている高度な「専門職業人」を養成することを目的としている。